完全予約制

03-6680-8386

カウンセリング予約

お電話

ご予約
MENU

メンズ脱毛基礎知識

ニキビや肌荒れの悩みも髭脱毛で解決!


最近は医療レーザー脱毛を行う男性が増えています。
その中でも髭は毎朝の処理に時間を取られるため、「髭脱毛をしたい!」という方は特に増えています。髭脱毛をすることで剃る手間が省けるだけでなく、見た目に清潔感が出るなど、髭脱毛のメリットは沢山あります。


ただ髭脱毛をしてみたいけど、自分もできるのか心配・・?という方も多いのではないでしょうか?


特にニキビや肌荒れに悩む人にとって、医療レーザーによる髭脱毛は「余計に肌を傷つけてしまうのでは?」となかなか踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。


実はニキビや肌荒れで悩む人こそ、髭脱毛のメリットが大きいのです。肌の悩みがあるせいで髭脱毛に踏み出せない、そんなあなたに、髭脱毛のメリットや注意点を説明いたします。


ニキビや肌荒れがある場合



まず、医療レーザー脱毛の仕組みについて簡単に説明いたします。
クリニックで広く使われている医療脱毛レーザーは、毛の黒いメラニン色素に反応し熱を与え、毛根を破壊します。これを繰り返すことで毛根は完全に破壊され、永久脱毛が実現できます。
≫詳しくは医療レーザー脱毛の仕組みへ


レーザー治療をすることで、大きな脱毛効果が得られるのですが、ニキビや肌荒れでお悩みの方は、次の点で注意が必要です。


ニキビの中に髭が生えている場合


ニキビの中に髭が生えている場合、通常と同様にレーザーは髭に反応して熱を加えます。その時ニキビにまで熱が加わるので、炎症が悪化するおそれがあります。


茶色いニキビ跡がある場合


髭だけでなく、ニキビ跡にもレーザーが反応することがあります。
ニキビ跡の種類は様々ですが、その一つに色素沈着があります。


色素沈着がどうしてできるのか、説明いたします。
ニキビの炎症の原因は、アクネ菌という雑菌です。
このアクネ菌が炎症を起こすと、肌はアクネ菌から身を守ろうと、活性酸素を生成します。
この活性酸素がメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)と反応すると、メラニン色素が増殖して茶色くシミのように残ってしまうのです。その場合、レーザーが色素沈着したニキビ跡の部分に反応してしまうことがあります。


このように、ニキビやニキビ跡、肌荒れがあると、髭以外の部分に反応して肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

しかし、銀座肌クリニックで使用しているYAGレーザーは肌表面に反応しないので、程度にはよりますが、ニキビ・ニキビ跡や肌荒れがある方でもレーザーを照射できる場合があります。

また、銀座肌クリニックではニキビ治療も行っています。
髭脱毛の前にニキビを治療することで、よりリスクを抑えた施術ができます。
≫詳しくは銀座肌クリニック ニキビ・ニキビ跡の治療へ


毛嚢炎がある場合


毛嚢炎とは、毛穴に細菌が入り込んで起こる炎症です。
見た目は白ニキビと非常に似ていますが、ニキビがアクネ菌が原因なのに対し、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌が原因の全く異なる炎症です。
毛嚢炎はムダ毛を処理したときに起こりやすく、髭も例外ではありません。


「毛嚢炎がある状態でレーザーを当てると肌が傷つくのでは?」と、疑問に感じた方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください。
銀座肌クリニックでは、米国FDA承認の毛嚢炎の治療効果がある医療脱毛レーザーを使用しています。
なので毛嚢炎でお悩みの方も、安心して治療を受けていただくことができます。


ニキビや肌荒れがある人にとって、髭脱毛のメリットは?



ニキビ肌に髭剃りは大ダメージ!


ニキビや肌荒れがある状態での髭剃りは危険です。


ニキビがあったり、肌が荒れていたりするのは、肌がダメージを受けているから。
髭を剃ることでダメージを受けた肌に刺激を与えるとどうなるでしょうか?


例えば、髭を剃るときにカミソリがニキビに当たって潰れてしまったら、また傷ができてしまいます。そうなると雑菌が入って、またニキビができる・・といった悪循環に陥ってしまいます。特に髭が濃い人だと深剃りしようとして余計に肌を痛めてしまいかねません。
そのためニキビや肌荒れで悩んでいる人ほど、髭脱毛のメリットは大きいのです。


髭脱毛後に注意すること



脱毛後は肌が荒れやすい!


痛みを伴うこともありますが、ニキビや肌荒れのある状態でも髭脱毛は可能です。
しかし注意していただきたいのは脱毛後。髭脱毛の後は今まで以上に肌が荒れやすくなる可能性があります。


クリニックで使用される医療脱毛レーザーは、エステで使用される光脱毛に比べて大変エネルギーが強いです。レーザーは黒い色素に反応して髭全体に熱を加え、細胞ごと組織を破壊します。髭は他の体毛に比べ太く濃いので、その分レーザーの熱エネルギーは集まりやすい性質であると言えます。
また、顔の皮膚は他に比べ薄くできています。つまり髭脱毛をすることは、デリケートな部位に高出力のレーザーを照射していることになるのです。


高い熱エネルギーを与えられた肌はどうなるか。もちろんダメージを受けて弱ってしまっています。外部からの刺激に敏感になり、雑菌も入りやすく、肌が荒れやすくなるのです。


脱毛後には保湿・紫外線対策が必須


では、髭脱毛をした後はどのように肌をいたわればよいのでしょうか?


1)保湿ケアを!



まず第一に肌の保湿です。バリア機能が低下した肌は乾燥しやすい状態です。乾燥したままだと肌はどんどんダメージを受けるので、保湿ケアは必須です。


それではどのように保湿すれば良いのでしょうか?


保湿ケアのポイントは2つ。正しい洗顔と生活習慣です。


正しい洗顔

特にニキビにお悩みの方だと、皮脂を取り除こうとして洗顔料をタップリ使ってゴシゴシこする・・・といった洗顔をする方がいらっしゃいます。ですがこのやり方だと肌を傷つけてしまいます。
洗顔の際は、水かぬるま湯を使いましょう。熱いお湯ですすぐと必要な皮脂も取り除いてしまい、乾燥の原因となってしまいます。また、ゴシゴシこすると肌を傷つけてしまうので、指の腹でやさしく丁寧に洗いましょう。


生活習慣

保湿のためには日ごろの生活習慣も重要です。
まず食事面。食事制限や偏った食生活は肌の天敵です。肌の保湿には、ビタミン類(A、B群、E、C)や亜鉛といった栄養素が有効なので、これらの栄養素を取るように心がけましょう。
また、睡眠も重要です。十分に睡眠がとれていないと、肌のターンオーバーが乱れ、乾燥の原因となってしまいます。生活習慣を整えることは、肌の保湿にもつながるのです。


2)紫外線は天敵

肌のトラブルのすべての原因とも言える紫外線。
髭脱毛後も、この紫外線に注意が必要です。


紫外線は一年中地表に降り注いでいるので、日差しが強い夏場だけでなく、
秋や冬も紫外線対策は必要です。髭脱毛後は日焼け止めを塗るなどして肌を守りましょう。


まとめ


いかがでしたでしょうか?
ニキビや肌荒れがある状態でも髭脱毛は可能ですが、人によっては痛みを伴う場合があるので注意が必要です。そして髭脱毛後は肌が敏感になり乾燥しやすい状態です。保湿ケアや紫外線対策をして、肌を守りましょう。


また、銀座肌クリニックでは、ニキビや肌荒れのある部分にはレーザーを照射せずに髭脱毛を行います。脱毛前にニキビを治したい!という方は、ニキビ治療も行っていますので、そちらもご検討ください。

おすすめの関連記事

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。

PAGE TOP

Page
Top