完全予約制

03-6680-8386

カウンセリング予約

お電話

ご予約
MENU

メンズ脱毛基礎知識

ひげは永久脱毛できる?


当クリニックの患者様からよく、「ひげの永久脱毛はできますか?」という質問をいただきます。
ひげは毎日剃ってもすぐ生えてきますし、太くて広い範囲に生えているので「本当に永久脱毛できるの?」と疑問に思われる方が多いようですが、実はひげの「永久脱毛」は可能です。

ここでは気になるひげの永久脱毛について、そのメカニズムやメリットをご紹介します。

「永久脱毛」とは何か?



実は「永久脱毛」とは、「二度と毛が生えない状態にすること」ではありません。

アメリカの脱毛従事者による団体、米国電気脱毛協会(American Electrology Association)では、「永久脱毛」を、
『最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法』であると定義しています。

つまり、「完全に毛が生えない」状態になるわけではありませんが、「ほとんど毛が生えない」状態にすることは可能です。
次に、レーザー脱毛であればなぜひげの永久脱毛ができるのか、ご説明します。


「永久脱毛」のメカニズム


脱毛に使われる医療用レーザーは、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して毛根に熱を与え、毛を生やす組織を破壊します。
組織が破壊された毛根からは、毛は生えてこなくなります。これが「永久脱毛」のメカニズムです。

1回では終わらない「永久脱毛」


永久脱毛を期待できる医療レーザー脱毛ですが、1回の照射ではひげ脱毛は完了しません。

毛には「毛周期」と呼ばれる毛の生え変わりのサイクル(成長期~退行期~休止期の3段階)があります。レーザーは成長期の毛にしか反応しないので、退行期・休止期のひげは、成長期に移行したときに再び生えてきてしまいます。

≫詳しくは『効果的な脱毛に欠かせない「毛周期」の知識』へ

ひげの永久脱毛、施術は何回必要?


特にひげは濃く太い毛が密集しているため、脱毛にどうしても時間がかかってしまいます。
照射の回数には個人差がありますが、当クリニックでは、大体5回程度の施術でひげの量が大きく減り、ひげ剃りが楽になったと感じる方が多いです。

また、毛周期の関係上、短期間で何回も照射しても意味がありません。こちらも個人差がありますが、施術の間隔はおよそ8週間~12週間程度空けるのが理想的です。したがって、およそ1年の通院が必要になります。

エステサロンでひげの「永久脱毛」はできる?


これまでクリニックのひげ脱毛についてご説明しましたが、多くの人が脱毛と聞いて想像するのはエステサロンのひげ脱毛ではないでしょうか。低価格なイメージから人気があるようですが、クリニックのひげ脱毛とは仕組みが異なります。

エステサロンの脱毛は、「フラッシュ(光)脱毛」と呼ばれる方法によるものです。光を照射する点ではクリニックのレーザー脱毛と同じですが、レーザー脱毛に比べて威力が小さく、毛の組織を破壊することはできません。
実は、毛の組織を破壊する脱毛は医療行為にあたります。エステサロンのフラッシュ(光)脱毛では、ひげの永久脱毛は不可能なのです。

≫詳しくは『脱毛エステと医療脱毛の違い』へ


ひげの「永久脱毛」のメリット


自己処理の時間・コストを節約!



毎朝のひげ剃り、かなり面倒ですよね。
特にひげが濃い人の中には、クリームとT字カミソリを使ってじっくり時間をかけないと上手く剃れない、という方もいらっしゃると思います。そしてひげ剃りに必要な道具はすべて消耗品なので、その都度買い替えなければなりません。

また、人前に立ってお仕事されている方の場合、こまめなひげ剃りが欠かせませんよね。
剃り残しがあると、見た目に気を遣えない人だと思われてしまうことも。

ひげを永久脱毛すると、これらのお悩みを一気に解消できます。

もちろん、ひげの脱毛にも費用はかかりますが、それは一時的なものです。
何十年と続くひげの処理と比べれば、コストを大幅に削減できるでしょう。

ニキビ・肌荒れ知らずのキレイな肌に!


ひげの永久脱毛には、肌がキレイになるというメリットもあります。

多くの方が行うカミソリを使ったひげ剃りは肌を傷つけやすく、様々な肌トラブル(肌荒れ・毛嚢炎・色素沈着)の原因です。またニキビがあると、ひげ剃りの最中に潰れて雑菌が入り、余計に悪化することもあります。

しかし、ひげを永久脱毛すれば、そのような肌トラブルの心配もなくなります。
繰り返しできるニキビやカミソリ負けの色素沈着に悩まされない、美しい肌を手に入れることができるでしょう。

清潔感のある見た目に!



まばらに生えた無精ひげや濃いひげ、うっすら見える青ひげは、どうしても清潔感に欠ける印象を与えてしまうもの。ひげを永久脱毛すればそのような心配はなくなり、見た目の清潔感が格段にアップします。


ひげの「永久脱毛」で気を付けること


このようにメリットが多いひげの永久脱毛ですが、注意しなければならない点があります。それが以下の3つです。


施術前の日焼けはNG!



施術の前は、日焼けはNGです。
日焼けして黒くなった肌にはメラニン色素が多く含まれているため、レーザーがひげだけでなく肌にも反応し、ヤケドを負うおそれがあります。施術の前は紫外線対策を行いましょう。

アフターケアは必須



施術直後の肌はレーザーの熱によって水分が奪われ、乾燥しています。乾燥した肌はとてもデリケートです。
特に顔は皮膚が薄いので、他の部位に比べて肌トラブルが起こりやすい状態になっています。化粧水・クリームを使った保湿など、アフターケアを心がけてくださいね。

≫詳しくは『脱毛のアフターケア』へ

施術時の痛みについて



医療レーザー脱毛で特に気にする方が多いのが、施術時の「痛み」です。
レーザーの熱が毛の周囲の皮膚に伝わると、痛みを生じます。特にひげのように濃く太い毛が密集している部位は、限られた範囲に大きな熱が加わるので痛みを感じやすいです。

銀座肌クリニックでは、そのような心配を解消するべく、施術時の痛みを最小限に抑える様々な工夫を行っています。詳しい内容は次章、および以下のリンクをご覧ください。

≫『医療レーザー脱毛の痛み』について

銀座肌クリニックのひげの永久脱毛へのこだわり



先ほど申し上げたように、医療レーザー脱毛は施術時の「痛み」を気にする方が多いです。
もちろん、痛みは少ない方が良いですが、痛みを気にするあまりレーザーの威力を弱めてしまえば、脱毛効果も低くなってしまいます。

そこで銀座肌クリニックならではの、痛みを最小限に抑え、かつ効果の出やすい脱毛を実現するためのこだわりをご紹介します。

ひげの永久脱毛に最適なこだわりのレーザー



銀座肌クリニックでは「YAGレーザー」を搭載した、「CoolGlide(クールグライド)」と呼ばれるレーザー機器を使用しています。

毛根部分にしっかり作用するYAGレーザー


YAGレーザーは他の多くのクリニックで使用されているレーザーより波長が長い(1064nm)レーザーです。
従来の波長の短いレーザーでは肌の奥まで届かず、十分な脱毛効果を得られないことがありました。しかしYAGレーザーは肌の深部まで到達し、毛根の部分にしっかり作用します。ひげのような濃く太い毛にも確実にダメージを与えることができます。

施術時の痛みを最小限に


YAGレーザーは肌の深部まで到達して毛にダメージを与えますが、肌表面のメラニン色素にはほとんど反応しません。なので肌表面を傷つけずに施術できます。
また、「CoolGlide」には、冷却装置が搭載されています。照射と同時に肌を冷却することで、熱による痛みをさらに抑えます。

院長開発のオリジナル麻酔を使用


このように使用するレーザーには痛みを抑える工夫が施されていますが、どうしても痛みには個人差があります。特に肌が敏感でデリケートな方は、痛みを感じやすいです。

そこで銀座肌クリニックでは、麻酔医でもある院長が独自に開発した、高濃度のオリジナル麻酔クリームをご用意しています。
麻酔クリームは、レーザーを照射する部分にだけ塗布します。塗るタイプなので麻酔自体の痛みはなく、笑気ガスによる麻酔のように、施術後にふらつく心配もありません。ご安心くださいね。

最後に


このように、男性の濃く太いひげも永久脱毛は可能です。
ひげを永久脱毛すれば面倒な自己処理から解放されるだけでなく、嬉しいメリットがたくさん。ひげの永久脱毛について気になる点がございましたら、ぜひ銀座肌クリニックへご相談ください。

おすすめの関連記事

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。

PAGE TOP

Page
Top