質を重視する男性のための美容皮膚科・銀座肌クリニック

完全予約制

03-6680-8386

カウンセリング予約

お電話

ご予約
MENU

銀座肌クリニックが
男性におすすめするニキビ治療

しつこいニキビを撃退!
ニキビ治療プラン

東京の美容皮膚科・銀座肌クリニックでは、今あるニキビを治すだけではなく、ニキビができにくい肌を目指す治療プランをご用意しています。

余分な角質を取り除いて肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進させる「ケミカルピーリング(サリチル酸使用)」と、ニキビ治療に有効なビタミンCやビタミンEを肌の深部にまで届ける「イオン導入」を繰り返すことで、相乗効果によってニキビのお悩みを解消します。

ニキビ治療スタンダードプラン

ニキビ治療スタンダードプラン

※こちらは基本のプランです。
カウンセリングでお伺いする内容や現在の症状によって、おすすめの組み合わせや回数は異なる場合がございます。

ニキビ治療一覧

銀座肌クリニックでは、さまざまなニキビ治療メニューをご用意し、患者さまの症状ごとに組み合わせて最適な治療をご提案しています。

ケミカルピーリング

肌の表面に酸を塗布して余分な角質や毛穴の汚れを取り除き、肌の再生を促す治療です。

ニキビの原因である皮脂や角質の毛穴の詰まりを解消し、今あるニキビを改善。さらに、肌のターンオーバーが正常になるため、皮脂の分泌が抑制されてニキビができにくくなる効果もあります。

銀座肌クリニックのニキビ治療では、角質層に反応するサリチル酸を使用しています。

こんな方におすすめ

  • 繰り返しできるニキビに悩んでいる方

イオン導入

イオン導入器によって皮膚に微弱な電流を流し、塗布だけでは届きにくい有効成分を肌の奥まで浸透させる治療です。

銀座肌クリニックのニキビ治療ではビタミンCとビタミンEを使用し、毛穴の菌の増殖や皮脂を抑制してニキビを改善するとともに、ニキビができにくい肌へと導きます。

ケミカルピーリングで角質を整えた後にイオン導入を行うと、有効成分がより浸透しやすくなり、治療効果が高まります。

こんな方におすすめ

  • ニキビができにくい肌を目指す方

ジェネシス

ジェネシスは、肌質改善に効果的なレーザー光治療器です。

レーザーの熱エネルギーを肌の奥まで届けてコラーゲンの生成や血行促進をはかるとともに、ピーリング効果で古い角質を除去し、ニキビで荒れた肌のキメを整えます。

照射するレーザーはおだやかな熱なので、温かいミストを浴びているような感覚。また、イオン導入との併用で、効果がより実感できます。

こんな方におすすめ

  • ニキビ跡の肌荒れに悩んでいる方
  • ニキビ・小じわ・肌のたるみなど、さまざまな肌の悩みを抱えている方

ライムライト

日本人の医師が監修し、日本人の肌に合わせて開発された光治療器です。

色白の方から色黒の方まで対応でき、光治療器の中でも肌トラブルのリスクが小さく、痛みも少ないという特徴があります。

一般的なレーザーよりも幅の広い波長を使用しているため、表皮から真皮まで効果的に熱を届け、さまざまな肌トラブルを改善できます。主にシミ・そばかす治療に用いられますが、赤ニキビやニキビ跡の赤み改善にも効果的です。

こんな方におすすめ

  • なかなか治らない重い赤ニキビにお悩みの方
  • ニキビ跡の赤みを改善したい方

ダーマペン

極細の針で皮膚に刺激を与え、自然治癒力によってターンオーバーを促進させ、ニキビやニキビ跡を改善します。刺激を与えると同時に成長因子を注入することで、毛穴の開きや肌の凹凸の改善にも有効です。

同じような仕組みのダーマローラーよりも肌へのダメージが少なく、出血や赤み、腫れもほとんどありません。ペン型なので細かい部分にも働きかけることができます。

こんな方におすすめ

  • 今できているニキビを早く治したい方
  • クレーター状のニキビ跡にお悩みの方

こちらでご紹介している治療の料金について、詳しくは総合サイトをご覧ください。

銀座肌クリニック
総合サイト料金案内

男性がニキビを治す方法

男性がニキビを治す方法

ニキビは、ごく初期段階であればセルフケアで治すことも可能ですが、ケア方法を間違うと症状が悪化したり、ニキビ跡が残ったり、より深刻な状態につながります。
また、ニキビが重症化してしまった場合、セルフケアによる改善は難しくなります。

ニキビを悪化させることなく治すためには、銀座肌クリニックのような美容皮膚科での治療がおすすめです。美容皮膚科は一般皮膚科と違い、患者さまの症状に合わせた複合的な治療が可能なため、早く確実にニキビを治すことができます。

ニキビができにくい肌質へ!
銀座肌クリニックのこだわり

銀座肌クリニックのこだわり

20代以降にできるニキビは「大人ニキビ」と呼ばれ、ストレスや睡眠不足などの生活習慣が深く関わっていることから、治りにくく繰り返しやすいのが特徴です。

大人のニキビの場合、直接的な治療だけでは改善効果が得られにくいため、銀座肌クリニックでは漢方薬の併用を含めた複数の治療を組み合わせ、今あるニキビだけでなく、ニキビができにくい肌質への改善を目指します。

これまでに手掛けた数多くの症例をもとに、患者さまのニキビの種類や原因などを総合的に判断し、肌の状態やライフスタイルを踏まえて無理のない治療をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

ニキビができる仕組みと種類

ニキビができる仕組み

角質肥厚

ニキビは皮脂の過剰分泌や角質肥厚※によって毛穴が詰まることで発生します。

本来、余分な皮脂や古い角質は肌のターンオーバーによって自然に排出されますが、ストレスや睡眠不足などの影響でターンオーバーが乱れると、排出しきれずに毛穴をふさいでしまいます。

すると、白く小さなポツポツが現れはじめ、しだいに毛穴の中でアクネ菌が増殖して、炎症や化膿を起こしてしまうのです。

※皮膚の表面にある角質が剥がれ落ちずに、皮膚が厚く硬くなった状態

ニキビの種類

このようにニキビは放っておくと進行していき、その症状によって

白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ→ニキビ跡

と種類分けされます。

それぞれ対処・治療法は異なり、症状が悪化すると肌に跡が残ってしまいますので、早めに対処するためにもご自身のニキビがどれにあたるか確認してみてください。

白ニキビ

白ニキビ

色のない小さく盛り上がった初期段階が白ニキビです。

汚れを放置したり、強い刺激を与えたりすることで角層が厚くなって毛穴が塞がり、そこに皮脂が詰まって内側から盛り上がった状態です。

炎症は起きていませんから痛みやかゆみはなく、早めに正しいケアをすれば比較的早く治すことができます。

黒ニキビ

黒ニキビ

白ニキビが悪化した状態が黒ニキビです。

毛穴の中の皮脂が増えると毛穴が押し広げられ、皮脂が空気に触れて酸化して黒ずんで見えます。

白ニキビと同様に炎症は起きていないので、悪化させないように肌を清潔に保つことが重要です。ただし、強い刺激を与えると余計に毛穴が開いてしまうこともありますから、洗顔やヒゲ剃りの際は過度に刺激しないよう注意しましょう。

赤ニキビ

赤ニキビ

赤ニキビは皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こした状態です。

アクネ菌は常在菌なので誰の肌にも存在しますが、皮脂を栄養源にしているため、皮脂が過剰になるとアクネ菌も増殖してしまいます。

この状態は、セルフケアだけで改善することが残念ながら難しくなっています。
まずは治療で炎症を抑えることが第一なので、クリニックで症状に合った治療を受けましょう。

黄ニキビ

黄ニキビ

黄ニキビは、赤ニキビが化膿して黄色い膿が溜まったものです。

アクネ菌が増殖し、有害な物質を発生させて毛穴の内部を破壊するだけでなく、黄色ブドウ球菌も増殖して真皮にまでダメージが広がってしまいます。

ここまで進行してしまうと、適切な治療をしないとクレーター状の陥没や色素沈着が残ることが多くなります。

ニキビ跡

ニキビ跡

ニキビの炎症が進行すると真皮や皮下組織がダメージを受け、肌に跡が残ってしまいます。

主に「赤みが残る」「クレーターのような凹凸が残る」「色素沈着が残る」というタイプに分けられ、それぞれの治療方法は異なります。

どのタイプもセルフケアでは改善できませんので、クリニックで適切な治療を受けましょう。

男性のニキビの原因

ニキビの原因

肌の構造やニキビが発症するメカニズムに男女の違いはありません。
しかし、ニキビの原因となる皮脂の分泌には男性ホルモンが関係していますから、女性の約3倍もの皮脂量がある男性はニキビが発生しやすいといえます。

また、大人ニキビには生活習慣が大きく影響しています。ニキビにつながりやすい代表的な原因をご紹介しますので、ご自身の生活を見直してみてください。

ストレス

ストレスは身体にさまざまな影響を及ぼしますが、ニキビも例外ではありません。

慢性的にストレスを感じていたり、過度のストレスがかかったりすると自律神経が乱れ、男性ホルモンの一種であるアンドロゲンが増えて皮脂の分泌量が増加します。

それが皮膚の角化をまねき、毛穴に皮脂が詰まりやすくなってニキビができてしまいます。

睡眠不足

睡眠時に分泌される成長ホルモンによって、肌は眠っているあいだにダメージを修復し、新しい細胞をつくります。

睡眠不足が続くと肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、古い角質が正常に排出されず、毛穴に詰まってニキビができてしまいます。

さらに睡眠不足によって免疫力が低下するとニキビの悪化につながります。

偏った食生活

脂肪分や糖分は皮脂の栄養になりやすいため、たくさんとりすぎると皮脂の分泌量が増えて、毛穴詰まりを起こします。
脂っこいものや刺激物、スナック菓子や甘い物の食べ過ぎには注意しましょう。

一方、無理な食事制限によってカロリーが不足すると必要な栄養が肌に行き届かなくなり、肌荒れやニキビができやすい肌になってしまいます。

ヒゲ剃り

ヒゲ剃りによる刺激がニキビの発生につながることもあります。
ヒゲ剃りによって必要な角質まで取り除いてしまうと肌の乾燥が進み、刺激を受けやすくなります。

ヒゲ剃り時にはシェービングクリームを用いて肌への刺激を抑え、ヒゲ剃り後には乳液やクリームで保湿しましょう。そして、道具は清潔に保つようにしてください。

間違ったスキンケア

ニキビの予防・改善には肌を清潔に保つことが重要です。朝晩の洗顔はもちろん、汗をかいたらこまめに汗を拭く、洗顔するなどを心がけてください。
ただし、洗顔時にゴシゴシとこすり洗いをするのはNG。せっかくの洗顔が刺激になってしまって逆効果です。

また、ニキビは肌の乾燥によっても生じるので、洗顔後は保湿を忘れないようにしてください。

男性のニキビの部位別の特徴

口周り

口周り

口周りにできるニキビは再発しやすく、治りにくいという特徴があります。
なぜなら、他と比べて皮膚が薄いことから非常に乾燥しやすいからです。肌は乾燥すると皮脂の分泌が活発になって、ニキビができやすくなります。

同じように、顎(あご)も乾燥しやすい部位だと言えます。しかも他の部位に比べて皮脂腺が多いため、皮脂が過剰に分泌しやすいのです。
さらに、男性はヒゲ剃りで毎日肌に刺激を与えているため、よりニキビ発生のリスクが高くなります。ヒゲ剃りによって肌の表面の角層を傷つけてしまうとバリア機能が弱まり、乾燥が進むという悪循環に陥ってしまうので、注意しましょう。

フェイスライン

フェイスライン

フェイスラインは乾燥しやすい部位で、ここにできるニキビには、再発しやすい、治りにくい、悪化しやすいという特徴があります。
発症にはホルモンバランスが影響していますので、日頃からストレスや疲労を溜めないようにしましょう。

また、男性の場合はヒゲ剃り時の刺激がニキビのきっかけになりやすいので、肌に負担をかけ過ぎないように注意しつつ、日頃から肌の保湿を心がけてください。

さらに、フェイスラインは肌のターンオーバーが遅いため、ニキビ跡が残りやすい部位でもあります。小さなニキビに気づいた時点で早めのケア&治療をおすすめします。

背中

背中

背中は皮脂線が多く、皮脂が分泌しやすい部位です。
汗をかきやすく、しかも、衣類でこすれたり、蒸れたりするのもニキビが多発する原因のひとつなので、汗をかいたらできるだけこまめに拭く、入浴時は丁寧に洗うなど、日頃から気を配るようにしましょう。

また、背中はニキビができていても気づきにくいため、症状が悪化してから気づくということが多いので、定期的にチェックして、気になる症状があったらすぐに治療をはじめてください。

ニキビ治療のよくあるご質問

A

ニキビ治療後は、肌が敏感になり、紫外線の影響を受けやすくなります。乾燥・日焼けにご注意ください。
また、ダーマペン治療後は2~3日、お肌に赤みが残ります。

A

1回でもニキビ治療の効果を感じていただくことはできますが、基本的には回数を重ねることが必要となります。
また、ニキビで悩んでいたことを忘れるような肌質の改善を実現するためにも、治療には回数を重ねていただいています。

A

耐えられないほどの辛い痛みはない方がほとんどです。
ただ、サリチル酸を使用したケミカルピーリングでは、ピリピリした刺激を感じる方もいらっしゃいますが、その他のニキビ治療は、基本的にはほとんど痛みがありません。
そのため、痛みが不安な方でも、安心して当クリニックのニキビ治療を受けていただけます。

銀座肌クリニックのLINE@

右のQRコードを読み込み、ご登録ください。

予約枠の空き状況など、銀座肌クリニックの最新情報を配信いたします。
登録方法がわからない場合は、ご来院の際に受付スタッフにご相談ください。

PAGE TOP

Page
Top